クレジットカードネット
 PR


 カテゴリーメニュー
クレジットカードの基礎知識
クレジットカードのトラブル
クレジットカードの付帯機能
クレジットカードを作る前に
クレジットカードをさがす
 サイト運営者のカード履歴書

ここでは私が今まで利用してきたカードと、現在も利用しているカードの紹介をしたいと思います。中にはクレジットカードの裏にサインをする前に解約したものもありますが(笑)、覚えている範囲で書いてみようかと思います。ちなみに現在 私が利用しているカードは、以下になります。

・アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
・セゾンカードVISA
・イオンカードVISA
・P-oneカード Master


IYカード VISA 年会費 735円(現在とは異なります) 解約済
忘れもしない初めて私が持ったのが、このクレジットカード。初めてカードを持った当時は、VISAがなんなのかMasterが何なのかもさっぱりで、JCBのマークは床屋に似ていて紛らわしいとか、そんな程度。そのため、IYで滅多に買物をすることはないにも関わらずIYカードを作るという、よく分からない行為をしてしまいました(笑)。

カードを作った理由は、利用しようと思ったプロバイダのDream Netが、カード払いしか受け付けていなかったからです。本当はカードなんて持ちたくなかったのに、仕方ないのでカードを作りました。(その後、カードにはまり書籍を買いあさり、こんなサイトを作るとは夢にも思ってなかっです(笑)。)

IYカードになった理由は、イトーヨーカドーでバイトをしていたので、たまたま近くに申込書があったし、ノルマ達成のため内部で持っていない人間は作れということになりIYカードを持つことになりました。

今、考えると、ほんとアホッ!もっと勉強してからカードをつくればよかった。だって当時はカードなんて何でもよかったから、年会費無料の存在を知っていれば最初から年会費無料カードを作ったのに!

IYカードってVISA、Master、JCB、ニコスプロパーがあって、ニコスプロパーが一番年会費が安かった(確か180円位)のでニコスにしたんだけど、プロバイダの利用カード一覧を見たらニコスのマークが見当たらなかったので、申込み後にVISA付に変えてもらうように依頼をしてもらった。最初からVISAにしなかったのは735円と年会費が高かったので。

その際、サービスコーナの人に、
「VISAを付けるってことは海外に行くの?」

と言われたけど、当時は何のことだかさっぱりで、留学ビザ等のビザとカードのVISAで関係があるのかな?と思ってました(笑)。

さて、そのIYカードですが、当時のIYカードは今とはデザインが異なります。

「ねぇ、それゴールド?エッ!違うの、色がゴールドっぽいね」 などと、ゴールドと間違えられたこともあるので、私は「ハッタリゴールド」とも呼んでました(笑)。

そのIYカードは解約してしまい、現在は持っていません。IYカードがキッカケでクレジットカードに興味を持ち、他のカードを探し始めたからです。

アイワイカードをチェックしたい場合はコチラをクリック>>


≪郵貯≫セゾンAMEXジョイントカード 年会費 3,150円 解約済
IYカードの次に持ったこのカードは結構使いました。イタリア旅行でも活躍したカードです。

作った理由は
「海外旅行傷害保険が自動付帯」
「郵貯カードとクレジットカードが一体なので財布がスマートになる」
「デビットカードとしても使える」
「アメックスがついてるのでなんとなくカッコよいから」

などです。IYカードを作った時の理由に比べると、少しマシになりました(笑)。

このジョイントカードは、海外で使うと100%レシートにはアメックスと印字されます。日本で使うと店によってセゾンだったり、アメックスだったり違います。そして請求書に印字される文字の太さが、セゾンとレシートに印字された店のものと、アメックスとレシートに印字された店のもので違います。なかなか面白いところです。(まぁどうでもいいことだけど...)


セゾンカード VISA付 年会費 無料 所持中
ここに来て初の年会費無料カードを作ることになります。理由はセゾンAMEXを作った時に、IYカードのVISA付は解約してしまったのでVISAもないと不便かな〜と思ったからです。

実際、店舗によってはセゾンAMEXが使えないことが結構ありました。その時はセゾンVISAに助けられたのを覚えています。まぁ、たかが2500円前後だったので現金で払えばよかったんですけどポイント欲しかったんです...(笑)。

その後、JALカードのVISA付きを作ったので、セゾンVISAはカードショッピング用としては不要になりましたが、セゾン会員限定の保険でいいものがあったので、保険料の支払いのためにカードを所持しています。ポイントも永久不滅でゆっくりたまるし、年会費は無料なので負担が掛からず便利です。

このカードを解約するときは、他にもっといい保険が見つかったときだと思います。


JCBトラベルプラスカード 年会費 1,575円 解約済
このカードほど嫌な思いをして作ったものはありません。 キャンギャルに捕まり強制的に作らされたといってもいいかも(とほほ)。まぁお金を持ってなかった自分も悪いんだけど...

どういうことかというと、パスポートを作りに行ったときに自分で持参した写真がボツになりました。

それで係員に
「あちらで撮り直して来て下さい」
と言われて、そのカウンターまで行きました。

そして私はイヤミっぽく
「すいませんっ!写真ボツにされたのでお願いします。」
と言ってやった。

そしたら
「ハイっ!1,800円になります。」

「エッ...?」

一瞬、耳を疑った。なんとたかが写真で 1,800円!仮にボツになっても合格するまで再度無料で取り直すとは言われたけど、これは高い! その頃は、既に100円でもカードで払うくらいのバリバリのカードユーザーになっていたので、財布の中には 1,000円位しか入っていない(笑)。

そこへタイミングよく現れたのがJCBのキャンギャル。

セールストークは
「今、JCBカードを作ると写真が無料になりますよ♪」
だった。

人の弱みに付け込んでカードの勧誘するとは何てやつだ!と思いましたが、写真は高いし、パスポートセンターの受付時間も迫っていたのでカードを申込むことにしました。まぁ、初年度が年会費無料だったので、会費の請求が来る前に解約したけどね。このカードは1度も使うことがありませんでした。


JALカード CLUB-A VISA付 年会費 10,500円 解約済
旅行好きは必携ともいえる航空会社系クレジットカード。年会費が高いのが入会にあたりネックでしたが、IYカードを作った頃と比べると、カードにハマっていたし思い切って作ることにしました。

このカードのいいところは飛行機に搭乗したときにボーナスマイルがもらえることです。買物でもマイルを貯めることができますが、目的地にもよるけど、やっぱり飛行機に乗った時が一番マイルが貯まります。ヨーロッパ方面なら2回旅行に行けば、国内線チケット、または韓国行きをゲットできます。

JALカードをチェックしたい場合はコチラをクリック>>


JACCSカード VISA付 年会費 1,312円 解約済
このカードは、ある日突然私のもとに届いたので、最初手にしたときは
「あれっ?こんなカード申込んだっけ?」
といった具合でワケが分かりませんでした。

しかし、よく思い出してみるとJACCSの教育ローンを組んだので、それが原因だと分かりました。ローンは申込んだけど、カードは申込んだつもりないのになんで...?

ローンが終わるまではカードは解約できないと勝手に思い込んで解約しなかったら、1枚目のカードの有効期限が近づいてきた頃に、2枚目の新しいカードが届いてしまいました。

「イヤ〜困った。」

ただ、2枚目が届いてスグにローンが終わったので即効解約です(笑)。このカードは、1度も使わず裏にはサインもしなかったのに年会費を取られたので、ほんともったいなかった。


《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 3,150円 解約済
≪郵貯≫セゾンAMEXジョイントカードだと、郵便貯金のカードも一体型なので、それがイヤでセゾンAMEXを作りました。最初は、≪郵貯≫セゾンAMEXは、一体型だから便利だと思ってたけど、考え方はだんだん変わるものです。クレジットカード機能の内容は、ほとんど一緒です。

このカードもカナリ使い、獲得したポイントをJALのマイルに移行したりと役に立ちましたが、羽田空港のAMEX定食を利用できないのと、空港ラウンジが対象外のため、AMEXグリーンを申込んでから解約しました。

《セゾン》アメリカン・エキスプレス・カードをチェックしたい場合はコチラをクリック>>


イーバンクカード 年会費 無料 解約済
このカードはイーバンク銀行のキャッシュカードとして利用するために作りました。今でこそ、このカードのおかげで郵便局ATMで、イーバンク銀行へのお金の出し入れが簡単に出来るようになったけど、私がイーバンク銀行に口座を作った初期の頃は、こんなカードはまだなかったので入出金が大変だった。手数料は必ず取られるし最悪です。イーバンク銀行に口座を持っている人は、このカードは必需品です。

クレジット機能のないキャッシュカードもありますが、これは発行手数料が1000円かかりました。(当時の話で、現在は預金が10万円以上あれば無料)クレジットカードなら発行手数料はないし年会費も無料だったので、私はクレジットタイプを選択しました。キャッシュカードとして作ったので、このカードも買物で使用したことはありません。

現在は、ネット上で手数料無料にてイーバンクからお金を移動できるので(証券会社にお金を移動し、その後 銀行へ引き出し)、最終的にはイーバンクカードは解約しました。キャッシュカードも必要ないので作っていません。


アメリカン・エキスプレス・カード 年会費 12,600円 アップグレード
何を隠そう私のメインカード会社です。スタートは、いちばん年会費の安いグリーンカードからアメックスライフが始まりました。といっても年会費12,600円は大きいですけど.....(笑)。

このカードを作った理由の一つとして、デザインがカッコよいというのがあります。個人的にヨーロッパが好きで、中世ヨーロッパの歴史なども好きなので、騎士の図柄のカードを持たない手はありません(笑)。

あとは、やっぱ旅行に便利な機能がたくさん付いています。空港に行けばラウンジを利用できるし、成田から家までスーツケースをタダで運んでくれるサービスも便利。渡航先のトラベル・サービス・オフィスでは、カナリいいレートで両替ができたりします。

あと、アメリカン・エキスプレス・セレクトではホテル優待やレストラン優待が受けられます。一泊 3万円くらいの部屋が 1万2千円で泊まれる場合もあるなど便利なサービスがうれしい。

このカードを利用して、1年ちょっとしてからゴールドのインビが来たのでアップグレードしました。

アメリカン・エキスプレス・カードをチェックしたい場合はコチラをクリック>>


イオンカード VISA付 年会費 無料 所持中
優待デーに、割引で買物ができる便利なカード。割引目当てで、このカードを作りました。以前は盗難補償料が年70円必要でしたが、現在は完全無料です。


シティ エリート 年会費 6,300円 解約済
手軽に持てるゴールドカード。入会当初から限度額が100万円ありました。このカードを作った理由は、citibankに口座を作る際に勧められたからです。シティバンクは口座残高 50万円以上ないと 口座維持費が毎月発生しますが、ゴールドカードクラスのホルダーで支払い口座をシティバンクに設定すると、口座維持費が無料になります。

でも最初から50万円以上入金するつもりだったので、カードを作ることは躊躇しましたが、入会キャンペーン中で初年度年会費が無料だったので、近いうちに海外旅行に行くつもりだったし、シティカードのラウンジに入ってみたかったので、年会費の請求が来る前に解約することを条件にカードを作りました。

ということで現在は解約したため持っていません。しかし、その後しばらくしてから、シティプラチナの実物を見る機会があり、シティカードを欲しくなってしまいました(笑)。

ランクアップを図るために、所持しておけばよかったかと思っています。シティプラチナの申込書はGETしましたが、おそらく新規でプラチナに申込むよりかは、ゴールドで実績を作ってからアップグレードしたほうが通りやすい気がするので。

ちなみにシティプラチナの申込書によると、新規での入会目安は 25歳以上かつ年収1000万円以上となっています。


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 年会費 27,300円 アップグレード
グリーンと違ってゴールドになると、ゴールドワインクラブを利用できたり、年間100万円以上カードを利用するとボーナスポイントとして、3000ポイント獲得できます。また、グリーンにはない会員誌「IMPRESSION GOLD」という雑誌が毎月送られてきます。あと、キャンセルプロテクションといって、突然の理由(ケガ・病気など)で行けなくなってしまったコンサートや旅行などのキャンセル費用等の損害を補償するサービスが付帯します。

個人的にNY金相場をチェックするほど、金(ゴールド)が好きなので、色は気に入ってましたが、ゴールドを利用して1年ちょっとしたら、今度はプラチナカードのインビが来たので、アップグレードすることにしました。ちなみにNY白金相場はあまり興味はありません(笑)。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードをチェックしたい場合はコチラをクリック>>


アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 年会費 105,000円 所持中
プラチナカードになると、いろんなサービスが付いていて、個人的にはあまり必要がないような機能もありますが、利用するしないに関係なく、それらが上質なサービスであることは間違いありません。

個人的には、提携スポーツクラブを入会金・年会費なしで都度払いにて利用できたり、USD399必要な世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスというカードの会費が無料になるサービスが気に入っています。

他にもいろいろな機能が付いていますが、せっかくのプラチナカードなので、少しずつ使いこなしていこうかなと思っています。


P-oneカード Master 年会費無料 所持中
JALカードVISAを解約したため、普段持ち歩く決済カードが必要になったため、カード利用毎に1%のキャッシュバックが受けられるP-oneカードを作ることにしました。

AMEXが使えない店舗は、これでカバーできるので安心!年会費は無料なので、サブカードとして今の私にピッタリです♪


 クレジットカードネット > サイト運営者のカード履歴書


Copyright© 2003-2014 クレジットカードネット All Rights Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO