クレジットカードネット
 PR


 カテゴリーメニュー
 クレジットカードについて

クレジットカードとは、ごく簡単に言えば現金のかわりに支払いを済ますことができるカードです。

カードがあれば、その場で現金の持ち合わせがなくても買物ができます。そのため、クレジットカードを使うのは借金と同じで、あまりよくないイメージを持たれる方やクレジットカードは怖いので絶対に持たないという人もいます。

しかし収支をきちんと把握して計画的に利用すればクレジットカードは非常に便利なアイテムです。

まず、高額商品を買いに行くときでも多額のお金を持ち歩く必要がなくなります。

例えば50万円の液晶テレビを買いに行くとしましょう。もしクレジットカードを持っていなかったら50万円もの大金を財布にいれていかなければなりません。

50万円もあると結構分厚くなりますし「もし落としたら...」「もし盗まれたら...」とか不安になりませんか?

こんなときクレジットカードがあれば多額の紙幣を持ち歩かなくても、そのカードの決められた上限額まで買物ができます。

後日、自分の口座から50万円が引き落とされるので、利息の発生しない1回払いなら現金で支払いをしようがクレジットカードで支払いをしようが出費の額は同じこと。

しかし!ここが重要ですがクレジットカードで払えばクレジットカードのポイントが貯まるというおまけが付いてきます。

支払いの額が同じなら、ただ単に使ってなくなるだけの現金より、使うことによって見返りのあるカードの方が得だと思います。

ちなみに、カード利用額に応じて貯まるポイントは商品券や宿泊券、食事券などの各種特典に交換できます。

海外旅行にも威力を発揮
国際カードであれば日本国内だけでなく海外でも利用できます。旅先、出張先でもサイン一つで買物ができるので、両替は最小限に抑えておき、なるべくカードを使うようにすれば、「いくら両替すれば足りるかな...?」とか、「現地通貨がなくなったから両替しないと!」といったことも少なくなると思います。

それと海外ではクレジットカードは本人確認の役割をする場合もあるので、ホテルのチェックイン時、レンタカーを借りる時など手続きがスムーズになり便利です。

ただ海外で使った場合は、買物した日のレートが採用されるわけではなく、カード会社が処理をした時のレートが採用されるようなので、急激に円安になってしまうと請求が来てビックリ!というデメリットもありますが(苦笑)。

単なる決済ツールではない
そして、クレジットカードは、ただ支払いをするためだけのツールに留まらず、各種付帯機能やサービスがついています。

全部のカードにこのようなサービスが付いているわけではないので申込む際は確認が必要ですがいくつか紹介すると、もはや当たり前?(笑)の海外旅行傷害保険をはじめ、ネット時代を象徴するオンラインプロテクション、ショッピングパートナー保険、クレジットカード盗難保険、ゴルフ保険、空港ラウンジ、ホテル優待クーポン、手荷物無料宅配サービス、チケットサービス、パッケージツアー割引、キャッシングサービス、海外アシスタンスサービス、カーライフサービス、外貨宅配サービス、などが上げられます。


さまざまなサービスを受けられるこんな便利なものを持たない手はありますか?(笑)

いろいろな付帯機能を調べていると、ほんとクレジットカードはうまく利用すれば、この上ないメリットを受けられるアイテムだと思います。

もちろんいいことばかりではない
ここまでいいことばかりいってきましたが、カードは誰でも持てるというわけではなく、申し込みの際にカード会社による審査がありますので、そこで通らなければクレジットカードを所持することができません。

クレジットカードのクレジット(Credit)が「信用」「信用する」を意味するように、あなたの信用に基づきカード会社との契約が結ばれるため、カード会社が「NO!」と判断したらカードは発行してもらえません。

審査に落ちた場合は通称「不幸の手紙」(笑)が届きます。私もなんどか経験あります(苦笑)。

特にクオリティの高いサービスで知られるプラチナカードの場合はカード会社側から誘いがないと持てない仕組みになっています。プラチナカードのサービスが魅力的だからプラチナが欲しい!といっても、まずは一般カードかゴールドからスタートし実績を積まないと、いきなりそう簡単には手に入りません。

そして当然ですが、クオリティの高いサービスが付帯したカードほど年会費も高くなる傾向があるので、逆に言えば会費無料であれもこれもサービスが欲しいってわけにはいきません。

あとここが結構重要ですが、クレジットカードといってもたくさんの種類があり、自分のスタイルに合ったカードを持たないと、その機能を十分に発揮できず、もったいないことになってしまう可能性もあります。

私も最初の1枚は完全に畑違いのカードを作ってしまい、今思うと
「○○カードでなく○○カードで最初から決済し続けていれば、ポイントで○○でなく○○に交換できたのにっ...!」
と思うことがあります(泣)。

なので、せっかくカードを作るのであれば、長きに渡って利用できるあなたにピッタリの納得のいくカードを持たれることが重要かと思います。

といっても対してむずかしいことでもないと思いますので、ほんの少し時間をかけてカードの内容を比較し、あなたにとって特別な1枚を見つけていただきたいと思います。


 クレジットカードネットクレジットカードの基礎知識 > クレジットカードについて


Copyright© 2003-2010 クレジットカードネット All Rights Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO