クレジットカードネット
 PR


 カテゴリーメニュー
 クレジットカードの限度額

クレジットカードは買物の際に現金のかわりに支払いを済ますことができる便利なものですが、いくらでも買物ができるというわけではありません。これ以上は利用できませんという限度額が設定されています。限度額が20万円だったら20万円以上の買物をした際はレジでストップがかかります。

ストップがかかっても大抵はカード会社に連絡して承認番号をもらいレジ操作をすれば限度額オーバーしても買物ができます。ただし中には完全にストップする場合もあるので注意が必要です。この場合は承認番号の取得どころではなくカードが使えません。

よく1ヶ月の間に20万円まで使えると勘違いされがちな限度額ですが、実際はそうではありません。そのカード自体の限度額が20万円となっています。

つまり、まだ返済していない部分が15万円あったら、現時点での限度額は20万−15万で限度額が5万円ということになります。それを知らずに限度額が20万円だから12万円のパソコンをカードで買おう!と思っても未払いの分を考えると残りの枠は5万円なわけですからストップがかかる可能性があります。

もちろん利用額15万円の返済が済めば、利用可能枠は最初の20万円に戻ります。

この限度額は、グレードの高いクレジットカードほど高く設定されています。そのため100万円以上の大きな枠が必要な場合は、年会費は高いですがゴールドカードなどを作る必要があります。

ではクレジットカードによって一体どれくらいの限度額の差が生まれるのかを解説したいと思います。
DCカードを例にとって見てみましょう。

  DCカード DCカード
ニューズ
DCカード
エスプリ
DCカード
エスプリニューズ
DCゴールド
カードヴァン
DCゴールド
カード
年会費本人会員 1312円 1575円 在学期間中
無料
在学期間中262円 3150円 10500円
年会費家族会員 1名420円 1名577円 なし 無料
(配偶者のみ)
1名無料
(2人目より1枚につき1050円)
ショッピング
利用限度額
10〜30万円 10万円 50〜80万円 50〜200万円


見ての通りグレードによって限度額はかなり違います。ゴールドカードが最高200万円なのに対し、学生カードであるエスプリは10万円です。
いくら学生とはいえ、さすがに海外旅行などに行く場合は、旅費だけで10万円を超えてもおかしくはないので、10万円の限度額では足りなくなります。そのため、もう少し利用枠が欲しい方は何枚かカードを作っているようです。

会計の時に、このカードで8万払いこっちで8万円払うというように多少面倒にはなりますが、限度額10万円のカードを3枚作れば、全部合わせて30万円になりますから。

限度額の設定に関しては申込者の職に大きく左右されます。アルバイトや学生の場合は10万円スタートという場合がほとんどです。年齢もある程度高く会社での地位も上で勤続年数も長ければ高く設定されます。

そのため、カード会社より大きな枠をもらっているのは一種のステイタスと考えている人もいます。私もその一人(笑)。別に上がったところで他人から見たらどうってこともないんですが...まぁ完全に自己満の世界ですね。枠を上げてもらえるように頑張ってカード使ってます(笑)


▼限度額アップはあなた次第
限度額は、ほとんどのカードの場合は新規加入したときにカードと一緒に、ご利用の手引きなどが届きますが、その中のカードが張り付いている台紙に記載されています。アメックスなどは記載されていないみたいで(私だけか?)最初はいくらか分かりません。

そんな台紙なんてものなくなった!って方でも問題ないです。請求書をみればどこかしらに記載があると思います。アメックスに関してはこれまた記載がありませんが...

この限度額は、ずっと変わらないままというものではありません。入会当初は20万円だったとしても利用支払い実績を積むことにより上がっていきます。
大体は2年〜4年のクレジットカード更新月に限度額が上がるのが一般的です。限度額が上がるとほとんどの場合カード会社からハガキでお知らせが来ます。

中を開けると何月よりショッピング限度額が○万円まで、キャッシング限度額が○万円までと記載されています。この限度額の上がるペースはクレジットカードの利用頻度などが関係しているようで、入会して間もなく何10万円と一括で決済し続け、一気に20万円アップした人もいます。

限度額を上げるにはひたすらカードを利用し利用実績を築き上げ返済も絶対に怠らないことが重要です。延滞などを繰り返しているとカード会社に評価されず限度額が上がるどころが強制解約の対象にもなりかねません。限度額を上げたければ返済はきちんとしましょう。


▼こんなことして限度額アップをしている人もいます
クレジットカードには買物をする際のショッピング限度額の他に、ATMから現金を借りることができるキャッシング機能も付いていて、キャッシング限度額も設定されています。

このキャッシング枠を利用して一気に限度額を上げた人もいます。私も同じようなことをして、20万から50万へ限度額が一気に上がりました。

どのようにするかというと、実績作りのために全く使う気がなくてもキャッシングで枠いっぱいにお金を借ります。

そのお金には手をつけることなく、来月来るカード会社の返済にすべて充てます。カード会社からの請求には借りたお金+利息の請求が来ますが、利息といっても数百円か数千円なので、その出費さえ惜しまなければ、これを繰り返すことにより、返済実績があがり、限度額がどんどん上がっていきます。

知人は一般カードにもかかわらず、20万からスタートした限度額が、最終的に150万へ上がりました。

*今現在はこのワザが通用するか分かりません。私も今はやってません。あくまでネタとしてとらえて下さい。


▼そんなに待てない!最初から大きな枠がほしぃ〜っ!てあなたは
20万円からスタートしてコツコツ限度額を上げていくってことに耐えられないあなたに朗報!これは私の例ですが、シティのエリートゴールドカードを作ったことがあるのですが、いきなり100万円からのスタートでした。いままで20万円スタートがほとんどだったのでビックリ!そんなにもらっても逆に怖いって感じです。

最初から大きな枠が欲しい方はシティゴールド系を選んではいかがですか?


 クレジットカードネットクレジットカードの基礎知識 > クレジットカードの限度額


Copyright© 2003-2014 クレジットカードネット All Rights Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO