クレジットカードネット
 PR


 カテゴリーメニュー
 クレジットカードの紛失・盗難

クレジットカードの紛失・盗難、考えただけでもイヤですね。私はどちらも経験がないですし、今後も経験したくありません。まぁ経験したいという方はいないと思います(笑)。これは常に管理をしっかりとして防ぐしかありません。

ただ、万一の時に備えて、対処方法を知っておくことは必要だと思います。

もし、クレジットカードをなくしてしまったら、カードをストップしてもらうために、すばやくカード会社に連絡をする必要があります。カード紛失時の対応先電話番号は入会時に届く【カードご利用のしおり】などに記載されています。外出時にも対応できるように、携帯電話の電話帳や手帳に番号を入れておくといいと思います。

ここでもう一つ大事なのが会員番号もメモる事です。

紛失時には会員番号も分かっていると、カード会社に連絡した際スムーズに事が進みます。なので手帳にはカード会社の電話番号と自分の会員番号を記入しておき、携帯電話にはカード会社の電話番号を登録し、クレジットカード番号は、電話帳のメモ欄か通常、住所やメールアドレスを記憶する欄に入力しておくといいと思います。

私はカード紛失歴はありませんが万一に備えてこのように対策をしています。


▼ 再発行にはお金がかかるのか?
クレジットカードをなくしてしまって、カード会社に連絡をすると、カード再発行の手続きを行なってくれるため、後日手元に新しいカードが届きます。

といっても、基本的にカードの再発行は無料ではありません。私の持っているカードのうちの1枚は、再発行手数料が525円取られます。さらに、海外での緊急カード発行の場合は、手数料が10500円も発生してしまいます。

お札を失くすよりはマシとはいえ絶対に失くしたくありません(笑)。

このあたりの対応は、T&Eカードは優れておりアメリカンエキスプレスカードは無料で再発行してもらえます。またセゾンアメックスも同様に無料で再発行が受けられます。

特にアメックスは無料で再発行してもらえるのはもちろんですが、再発行までの時間もあっという間に行なってくれるので便利です。

知人が財布を落として、アメックスと某カードをなくしましたが、アメックスは2日以内で再発行カードが手元に届きましたが、某カードは1ヶ月近くかかったそうです。


紛失履歴はないのが一番?
カード会社により差はありますが、このように万一クレジットカードを紛失してしまってもすばやくカード会社に連絡するなどの対応をすれば、被害を最小限に抑えられますし、クレジットカードも再発行されるので、問題ありません。

しかし、これは個人的な考えですが、クレジットカード再発行歴が出来てしまうと、今後のカード会社からの見られ方が変わってしまうそうで気になります。例えば限度額やグレードのアップにしても

「過去に再発行歴があるからもう少し後にしよう。」

といった具合にです。まぁこればかりはなんともいえませんが....。

クレジットカードの紛失・盗難は絶対に避けたいものです。


クレジットカードの盗難保険について
カード盗難保険とは、万一カードの盗難に遭い、さらに悪用されてしまった場合に、その悪用された分の金額を全額補償してくれるサービスです。

クレジットカードによって差はありますが、盗難・紛失の届出があった日から前後60日ずつ、計121日間までの分などと期間が設定されています。そのため、クレジットカードをなくしたらスグにカード会社に連絡をしましょう。

ただし裏面にサインがないカードや、暗証番号を利用された場合の被害は損害額が補償されない場合もあるので注意が必要です。暗証番号は他人に知られないようにしましょう。クレジットカードをもっているけど、サインがまだの方は、今すぐサインをしましょう。

せっかく盗難保険が付いているカードなのに、サインをしていなかったために、悪用された金額を補償されなかったら泣くに泣けません。

なお、カード盗難保険はカード会社によって呼び方が違う場合もあり、カード盗難保障と呼ぶ場合もあります。


 クレジットカードネットクレジットカードのトラブル > クレジットカードの紛失・盗難


Copyright© 2003-2014 クレジットカードネット All Rights Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO