クレジットカードネット
 PR


 カテゴリーメニュー
 引落し日に残高が不足していたら

引落し日に残高が足りないということだけは絶対に避けたいです。

一度でも残高不足をやってしまうと、カード利用履歴にキズが付き、今後のカード限度額やグレードアップなどに支障が出てしまうことも考えられます。

利用履歴は個人信用情報センターにすべて記録されるので「遅延一回」とマイナス情報が記録されてしまいます。この情報は、通常5年から7年間は保存されるので、その間に新たにクレジットカードを作ろうとしても、マイナス要素が足をひっぱってしまう可能性もあります。


▼ 残高が足りないことが、あらかじめわかっていたら
万が一残高不足の場合は、ほったらかしにしないできちんと対処する必要があります。残高不足の際の対処方法といっても、特に難しいことはなく、カード会社に連絡を入れれば大丈夫です。

連絡した時間帯によっては再度その日のうちに引落しをかけてくれるカード会社もあります。または来月の引落し日までの間に再度引落しをかけてくれる場合がほとんどです。その時に口座に入金しておけば、再度引落しをかけてくれるので返済できます。

ただ、カードによっては自分でカード会社へ振込をしなければならない場合もあります。詳しくは、各カード会社のホームページに記載されています。どちらにしても残高不足になると面倒なので絶対にこれだけは避けたいです。


▼ 返済不能にならないために
単なる口座への入金忘れではなく、お金がないために返済できなくなってしまうということも、手元にお金がなくても買物ができてしまうクレジットカードの場合、考えられます。そうならないためにも、カードを使うときは、現在の利用状況などを考えて慎重になる必要があります。


▼ カード破産にならないためのポイント
@カード利用履歴をノートや手帳に記載し、利用状況を把握しておく。

A銀行残高を把握しておく。

B引落し日を覚えておく

C無駄使いはしないようにする。

D限度額を下げてもらうか、自分なりの限度額を決めてそれ以上は使わない。


クレジットカード好きの人は「カード=借金」というとイヤな気分になる方もいます。自分もそうです。でもこう考えると、やっぱカードは借金なんだと思えてしまいます。

普通の借金には考えられないようなサービスが付いたクレジットカードは、利用の仕方で最大限にプラスの方向へ持っていけますが、使い方を誤るとカード破産の道へ進むことも十分考えられます。

「引落し日に残高が不足」ということのないように、計画的に利用したいものです。


 クレジットカードネットクレジットカードのトラブル > 引落し日に残高が不足していたら


Copyright© 2003-2014 クレジットカードネット All Rights Reserved
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO