カジノワールドエキスプレスはカジノに関する情報をお届けするサイトです
カジノワールドエキスプレスdollar


はじめに
オンラインカジノとは?
オンラインカジノ遊び方

日本語対応カジノ
オンラインカジノ一覧@
オンラインカジノ一覧A
オンラインカジノ一覧B

英語版カジノ
オンラインカジノ一覧@

関連情報
カジノの歴史
サイト作りの参考文献
ラスベガスホテル一覧

主なゲーム
ブラックジャック
スロットマシン
ルーレット
クラップス
ポーカー
パイガオポーカー
バカラ

打倒カジノ
必勝法について
システム戦法
ブラックジャック確率論
資金管理
管理人の収支状況

カジノ史重要人物
ケン・ユストン
ベンジャミン・シーゲル
 カジノの歴史



カジノの語源は、イタリア語のcasa(小さい家)という言葉からきており、casaは、もともと保養地にある小さな家という意味でしたが、集会所、会議室、娯楽室などと意味が転じ、現在のギャンブル場という意味へと変化してきたのだと言われています。

カジノの原型と言えるものは、ルイ15世の時代に現れていて、この時代、貴族などの特権階級向けのサロンと庶民向けの賭博場の二種類の賭博場が現れました。このうちの特権階級向けのサロンが、現在のヨーロッパのカジノへとつながる基礎になったといえます。

カジノといっても、その様子は地区によって様々。欧州と、アメリカではその雰囲気がだいぶ異なります。
最初に思いつくものは、アメリカのラスベガスのカジノだと思いますが、アメリカのカジノは、一つの巨大ビジネスになっておりその規模は、非常に大きく、より多くの客を集めるためホテルを設けイベントを行ったりなどといったアミューズメントパークとしての作り方が非常に徹底されています。

欧州で代表的なカジノはモンテカルロにあるグランカジノだと思います。モンテカルロは世界中から金持ちが集います。モナコには入会金2000万円、年会費1000万円という富豪クラブもあるようです。 モンテカルロはF1のモナコGPでも有名

グランカジノ

欧州のカジノの規模は、一般に比較的小さなものが多い。その代わり、非常に厳しい格式を持っており、入場にはネクタイやスーツの着用に加え、入場料を要求されるところもあります。これは、歴史的経緯から来ています。

格式の違いは、開業時間の違いにも現れ、アメリカのラスベガスなどのカジノでは、基本的にどこも24時間営業、昼夜を問わず、いつでもカジノを楽しめます。

逆にヨーロッパのカジノでは、営業開始時間が昼過ぎか日暮れ時になることも多い。
ギャンブルに対するアメリカとヨーロッパの考え方の違いです。 アメリカでは、カジノはビジネスとの見方が強く娯楽であるにすぎません。

その一方、ヨーロッパではカジノは貴族的な発想で作られていると言えます。入場にスーツの着用が求められることもその現われだし、その意識は営業開始時間が昼過ぎか日暮れ時になることも多いといった開業時間にも現れています。

ラスベガスの歴史

1829年、メキシコ商人のラファエル・リベラによって発見されたモハベ砂漠のなかのオアシスがラスベガスの始まりです。 この泉の発見により、ロサンゼルスまでの道のりの中継点と してラスベガスは重要な位置を占めるようになります。後に、モルモン教徒らの入植、1890年には鉄道時代の到来で、投資補給基地として発展を続け、1911年にラスベガス市に制定されました。

コインを投げて「誰が飲み物をおごるか?」を決める習慣があったアメリカ西部は、カジノが出来上がる気質を備えていたといえます。1929年の世界恐慌下にあっても、利益を生むカジノをネバダ州は奨励、1931年にカジノを合法化しました。

1940年代はストリップ沿いに、カジノを備えたホテルが次々に建設されました。有名なギャング、「ベンジャミン・シーゲル」が建てたフラミンゴは豪華ホテルの建設ラッシュのきっかけとなりました。しかし600万ドルの豪華ホテルも、客は少なく休業に追い込まれてしまいます。その責任から「ベンジャミン・シーゲル」は暗殺されます。しかし、その事件をきっかけに、ラスベガスに観光客が押し寄せるようになりました。

1976年にニュージャージー州でもカジノ解禁となったため、アメリカ唯一のカジノ都市ではなくなったラスベガスは、対抗手段としてカジノラウンジでショーなどのエンターテイメント、コンサート、マジックショー、ボクシングの試合などカジノ客を呼び込むための無料ショーなどを盛んに行っています。

さらに遊園地や、ショッピングモール、レストランなども開店し、ラスベガスはますます、エンターテイメント性を強めています

最初は、カジノ(ギャンブル)というと、危ないイメージ、負けたら大損しそうな危ないものだと考えていました。ただ、カジノについてしっかり勉強せずに「こうだ!」と決めるのは間違いのもとで、カジノの歴史を勉強することによって特にヨーロッパではカジノは非常に格式の高いものだと分かり、賭博といった考えはないこと。

さらに競争の激しいラスベガスでは、仮にイカサマなどしたら、たちまち噂が広まり倒産に追い込まれ罰せられるリスクを背負ってまでイカサマをする必要もない(ホテル側はそんなことをしなくても採算はとれる。)こと、老若男女バケーションの一部としてカジノを楽しんでいること、プールでも水着姿で楽しそうにブラックジャックをやっている写真を見たときはさすがに驚きました。

一攫千金よりも、まずは遊びと割り切り、勝ち負け関係なくカジノを楽しめればそれで、いいと思います。賭け金は、いわば旅費と変わらぬレジャー費だと思います。
© 2003-2009 Casino World Express  microgaming kahnawake pwcglobal OnlinePlayersAssociation ECOcard VISA
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO