カジノワールドエキスプレスはカジノに関する情報をお届けするサイトです
カジノワールドエキスプレスWin with Casino US


はじめに
オンラインカジノとは?
オンラインカジノ遊び方

日本語対応カジノ
オンラインカジノ一覧@
オンラインカジノ一覧A
オンラインカジノ一覧B

英語版カジノ
オンラインカジノ一覧@

関連情報
カジノの歴史
サイト作りの参考文献
ラスベガスホテル一覧

主なゲーム
ブラックジャック
スロットマシン
ルーレット
クラップス
ポーカー
パイガオポーカー
バカラ

打倒カジノ
必勝法について
システム戦法
ブラックジャック確率論
資金管理
管理人の収支状況

カジノ史重要人物
ケン・ユストン
ベンジャミン・シーゲル

 一攫千金の可能性を秘めるスロットマシン

ギャンブルが大衆化しスロットマシンは全世界に広がっています。ラスベガスのマッカラン空港では、空港のホールにスロットマシンがあり、ラスベガスやリホ、タホ湖の3つのギャンブル都市では現在、歩道にまでスロットマシンがある状態のようです。どこまでがカジノなのか分かりません。

格調高い1流カジノを誇る南仏コートタジュールのカジノも庶民的なスロットマシンを導入しなかったものは斜陽化し、カンヌのパームビーチカジノはスロットマシンの導入が遅れたのが原因で倒産したといわれています。

スロットマシンはアメリカ的なものですが、発明者はドイツ・バイエルンからの移民であるチャールズ・フレイという人物です。1905年にサンフランシスコで発明したそうです。最初のスロットマシンは「自由の鐘」と呼ばれ今でもリノの「自由の鐘」サロンに飾られているそうです。そして現在スロットマシンは1台で年間10000ドル以上を稼ぐ「金の卵」となりました。

使用するコインはアメリカなら5セント(ニッケル)25セント(クォーター)50セント(ハーフダラー)、1ドル硬貨かそれと同形のゲーム用コイン。最近は最低賭金25ドルや100ドルというような高額スロットマシンも登場しています。

ヨーロッパの場合は現金のケースは少なくほとんどがゲーム専用コインです。これをスロットに投入し昔ならレバーを引き、今ならボタンを押せばゲームが始まります。そして同じ種類の図柄が揃えば勝ちです。

アメリカのカジノのどれをみてもスロットマシンの数を宣伝文句にしています。マンダレイベイでは2400台以上、MGMグランドは3500台のスロットマシン、といった具合に旅行ガイドなどでもスロットマシンの台数は記載されています。ちなみにフランスの一流カジノに最近認可され設置されたスロットマシンの数は300台前後です。それを考えるとアメリカの規模は巨大です。

スロットマシンの繁栄はスロットのロボット化やコンピューター化により加速されました。60年代までは長いレバーを引くことで図柄が回転する仕組みでした。「一本腕の山賊」とのニックネームも生まれます。しかし現在はボタン操作で回転します。

ほとんどのスロットマシンは1台1台コンピュータで結ばれていてプログレッシブスロットマシン(賞金累計増型マシン)と呼ばれます。他のスロットマシンとコンピュータで接続されているので、その中のどのスロットマシンで遊んでも取られたお金の一部がジャックポット用の資金プールに回され増えていく様子がカウンターに表示されています。オンラインカジノでもあります。このことからプログレッシブゲームはオンラインカジノの無料モードでは遊ぶことができません。

スロットマシンはフランスでは1988年に初めてフランス15大カジノの別室や待合室に登場し3年後に134のカジノに設置が認められました。登場から2年でフランスのギャンブル売り上げの42%を占めて、ルーレットの20%を上回りました。フランスのカジノはスロットマシンが登場するまでの15年間衰退していました。86年にはカジノ売り上げは前年比14%減という状況。すでにスロットマシンを導入していたモナコ(独立国なのでフランスとは別に数えます)は2つのカジノだけでフランスの134のカジノの売上高の3/4を上げていました。

スロットマシンの許可をを最初に得た15のカジノは売り上げの90%をスロットで上げるようになり、さらにフランス全土の売上高の63%を占めるまでになり、国家と地方自治体には莫大な税収をもたらしました。スロットマシンはフランスカジノ界の救世主となります。

カジノに入ったことのない客もカジノに来るようになり、これまでは入場料を払い、身分証明書を提示、スーツ姿でなければ入れなかった南仏のカジノは入場無料のスロットマシン部分を拡張し軽装のスロットマシン客を奪い合うようになります。有力カジノは「プリヴェ(貴族室)」は維持しながらスロットホールを拡大せざるを得なくなります。スロットマシンは競馬、宝くじに次ぐ第3のフランスギャンブルの地位を得ることになります。

スロットマシンはかつてのヨーロッパカジノの世界を変え豪華絢爛のカジノからスーパーマーケットと化したと嘆く人もいます。とはいえ、ヨーロッパの場合入場にはスーツ着用が必要なところもあるので事前に確認が必要です。アメリカならマクドナルドにでも入る感覚でカジノに入っていけます。


 スロットをやるならこのオンラインカジノがおすすめ

スロットの醍醐味は一攫千金を狙えることにあると思います。私のようにせこせことブラックジャックでコツコツ地味に稼ぐのとはわけが違います。大当りを出せば億単位も夢じゃありません。実際、日本人の方でも6000万円近くの当たりを出した方がいます。

スロットはまさしく「一攫千金野郎の溜まり場」だといえます。(溜まり場ってなんだよ!笑)ただ、このスロットは、ほとんど機械任せで頭を使うこともなく基本的にコツなどというものは存在しません。また、勝つか負けるかの世界で負けるとズルズルとチップを飲み込まれてしまします。ブラックジャックやルーレット、ビデオポーカーのようにチョイ勝ちで逃げるというのがむずかしい分野だと思います。

それでも「億単位の当たりを出したいっ!!」というあなたは、毎月遊びと割り切れるお金をひたすらスロットにつぎ込む他ないような気がします。還元率は宝くじよりもカナリ高いしスロットゲームを楽しみながら一攫千金を狙えるので宝くじに比べるとはるかにいいと思います。

私の場合「年末ジャンボ」ならぬ「年末スロット」、「サマージャンボ」ならぬ「サマースロット」ということでスロットに遊びと割り切れる金額だけつぎ込むようにします。

ここではスロットをやるのにおすすめのカジノを紹介します。中には図柄が貧弱なカジノもあり「これ当たるの?」と思いたくなるようなものもありますがここで紹介するカジノのスロットはデザイン的にもセンスがよく見てて飽きません。また内容もスリリングで面白いです。ゲームをする、しないにかかわらず一度は見て欲しいスロットが揃っています。

ただ、残念ながら、ここで紹介するカジノは英語のカジノのみです。はじめて英語カジノに登録する場合は緊張するかと思います。しかし、そんな難しく考えることもないです。私に出来たのだからあなたに出来ないはずがありません。

私はジャックポットの大当たりを出したことがありませんが「絶対当ててやる!」という方は頑張って大当たりを狙ってください。幸運を祈ります。


 Casino Tropez 人気急上中!見事なグラフィック! 日本語対応 日本語対応カジノ

>>Casino Tropezの詳細はこちらから

アメリカ人女性により$155.346.43もの当たりが出たカジノ!

日本語対応で安心して遊べるスロットがあるカジノでおすすめなのがCasino Tropezです。グラフィックなどは文句なしのリアルさで非常に楽しめます。また日本語のサポートも対応なので、分からないことなどは日本語メールで質問もできます。



 Captain Cooks CASINO 約2億円もの当たりが出たカジノ

Captain Cooks CASINOはこちらから

2億の当たりが出たカジノ!次はあなたの番かもしれません。

ここは2002年6月に$1,594,649という約2億円のジャックポットが出て大注目を浴びたカジノです。当たりが出たのはTOPで紹介しているメジャーミリオンズです。

個人的にここのカジノの雰囲気は好きでデモムービーは一見の価値あります。キャクテンクックスというだけあって大航海時代やドラクエ、ファイナルファンタジーを思わせるムービーです。チップは最低$20から購入できるのでとてもリーズナブルです。

このカジノはVISAやマスターのほかにダイナースカードも利用できます。

管理人が感じた無料モードとリアルモードの差:なし

このカジノの監査機関とソフトウェア

kahnawake  pwcglobal  microgaming  IGC-InteractiveGamingCouncil



 JackpotCity
Home of the Biggest Jackpots!
JackpotCityはこちらから

名前が語るスロットの街!プログレッシブスロットの威力は絶大!

名前が語るスロットの街ってどんなキャッチフレーズだよ!オイッ!と思うかもしれません。自分で考えておきながらそう思います(笑)。まぁジャックポットが充実しているといったところでしょうがマイクロゲーミング系のカジノならここと同じようなスロットを扱っているので、ぶっちゃけそんなに差がないようにも思えます。

しかし、サイト内に入ってもらうとスロットムードぷんぷんで、そこはまさしく「一攫千金野郎の溜まり場」だといえます。(だから溜まり場ってなんだよ!笑)

マイクロゲーミングのカジノの特徴としてソフトを立ち上げるとき時間がかかりムカツクことが上げられます。(笑)しかしソフト立ち上げ.........立ち上げなんて言葉難しいから使うの止めた(笑)。カジノで遊ぼうとしてボタンを押してからゲームの画面になるまで時間がかかるんですが、それぞれのカジノでデモムービーが見られそれがなかなか面白い。

一番面白いと個人的に感じるのがThe GAMING CLUBです。なんかインチキそうなマジシャン風のキャラが登場します。(笑)

はたしてここのJackpotCityではどんなデモムービーが見られるのでしょうか?あなた自身の目で確かめてください。きっと面白いと思います。

年間平均ペイアウト率は96.68%

その他のマイクロゲーミング系カジノ

管理人が感じた無料モードとリアルモードの差:なし

このカジノの監査機関とソフトウェア

pwcglobal  microgaming
© 2003-2009 Casino World Express  microgaming kahnawake pwcglobal OnlinePlayersAssociation ECOcard VISA
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO