カジノワールドエキスプレスはカジノに関する情報をお届けするサイトです
カジノワールドエキスプレス


はじめに
オンラインカジノとは?
オンラインカジノ遊び方

日本語対応カジノ
オンラインカジノ一覧@
オンラインカジノ一覧A
オンラインカジノ一覧B

英語版カジノ
オンラインカジノ一覧@

関連情報
カジノの歴史
サイト作りの参考文献
ラスベガスホテル一覧

主なゲーム
ブラックジャック
スロットマシン
ルーレット
クラップス
ポーカー
パイガオポーカー
バカラ

打倒カジノ
必勝法について
システム戦法
ブラックジャック確率論
資金管理
管理人の収支状況

カジノ史重要人物
ケン・ユストン
ベンジャミン・シーゲル
 オンラインカジノとは?


オンラインカジノは、インターネット上で実際にお金を賭けてたのしむカジノゲームです。そうです。つまり立派なギャンブルです(笑)。エッ!でも日本はカジノは禁止なんじゃないか....?ならオンラインカジノも取り締まりの対象になる!と思うのがふつうだと思います。しかし、現在、取り締まる法律がないので黙認されているのが現状です。

オンラインカジノなんて危なそうだからイイや。だけどオンラインカジノってなんだろう?気になる...という方はほんの少しの時間ですので、このページを読んでみてください。

今日はじめてオンラインカジノの存在を知った方はビックリするかもしれませんが、何年か前からオンラインカジノは日本国内でも存在を知られています。わたしは2003年頃から遊んでいます。

日本人のオンラインギャンブル人口は約40万人と言われていますが、これまでオンラインカジノで遊んでいて摘発された人はまったくいません。サーバーもカジノが認可されている国に置かれています。最近では雑誌や新聞にも掲載されています。

かといって今後取り締まりの対象にならないとも限らないので、ニュースなどはつねにチェックをして遊べるうちに遊んでおこうというのが個人的な考えです(笑)。

弁護士さんの意見

  • 第一に、賭博罪は必要的共犯ないし対向犯とされており、相手方のない賭博行為というものは観念されず、いわば相手方とセットで違法とされる犯罪です。 (カジノ経営者と参加者の双方を立件できなければ原則賭博罪の適用は困難です。) しかしながら、この場合、上記のように、国外のカジノや国外のサーバーは、その国の営業許可を得ているか否かに関わらず、日本の刑法の適用を受けることはないから、その相手方として日本国内でオンラインカジノに参加するのもまた、違法とはならないのではないか、という問題があります。

    この点、必要的共犯ないし、対向犯の一方が国外犯処罰規定を欠き不処罰となる場合のもう一方の扱いについて言及した文献は見当たりませんでした。海外のカジノ運営会社やサーバーなどは、現行日本の法律では処罰できないということになります。

  • 第二に、日本国内でパソコンを操作してオンラインカジノに参加する場合、日本国内で行われる具体的行為としては、「キーボードをたたく」という行為であり、賭博罪の実行行為としての「偶然の勝敗に関し金品を賭ける」行為は、インターネットを通じて国外のサーバーの元で行われているのであって、国外犯となるのではないか、という問題がありあます。

     この点、「金品を賭けた」といえるためには、金品を賭ける「約束をする行為」があれば足りるとするのが判例です。そして、「約束をする行為」には、直接面会して申し込む場合や、電話をかけて口頭で約束する場合も含むのはもちろん、社会通念上、パソコンのキーボードの操作により約束する場合も含むと解釈するのは可能です。 但し、パソコンのキーボードを操作してもインターネットの回線の障害やソフトの不具合などの理由により海外のカジノのサーバーに行為が認識されない時には、約束されたとは解釈できません。

    キーボードを操作する行為が、金品を賭ける約束をする行為と解釈しうる可能性がある以上、もし立件ができれば、賭博罪・常習賭博罪として摘発される可能性もあるといえますが現段階においては、日本国内にて約束行為が処罰された前例はありません。

    これと対比し、例えば、国外の射撃場を画面上に映し、日本国内でパソコンのキーボードをたたくことにより、ピストルを発射できるシステムを作った場合、国内でのパソコンのキーボードの操作行為をピストルの発射行為として関係法条で処罰できるかという問題が提起されましたが、社会通念上、キーボードをたたく行為を、実行行為としての「ピストルの発射」行為と解釈することはできないと考えられています。





ちゃんと読みましたか(笑)

こういうのって読む気うせますよね、私もそうです(笑)。簡単に言えば現段階ではオンラインカジノはハッキリとは違法とはいえない状況にあるということです。

ただしギャンブルなので年齢制限はあります。ちなみに本物のカジノは何歳から遊べるか知ってますか?基本的にどこのカジノも21歳以上でないと遊べなくなっています。しかし、オンラインカジノは18歳以上から遊ぶことが出来ます。18禁ってやつです(笑)。

オンラインカジノといっても、お金を賭ける本物のカジノです。もちろん勝てばそれ相当の賞金を獲得できます。自宅で24時間365日、好きなときに本当のお金を賭けて楽しむことが出来ます。つまりどんな格好でもOKです。ヨーロッパのカジノに行こうものなら正装を要求されることもありますが、オンラインカジノなら風呂上りでもOKです(笑)。

オンラインカジノには本物のカジノ同様に、ブラックジャックやルーレット、スロット、ビデオポーカー、バカラ、クラップス、ケノなどのゲームはすべてあります。最近ではスロットのプログレッシブジャックポット(賞金累計増型マシン)付きのものが多く登場し、2億円を超える高額賞金も出ています。

オンラインカジノのジャックポットで、約2億円の賞金を当てたといったニュースが流れ話題になっています。もし、あなたも高額賞金を狙うのであれば、ラスベガスのカジノでもニュースになる「○○万ドル大当たり!!」というのは、すべてスロットによるものなので、スロットマシンで遊ぶようにしましょう。

ただし、スロットは当たればデカイが負けるとズルズルと手持ちチップを飲み込まれてしまうのであまり熱くならないように注意が必要です。まずは、カジノそのものを楽しみましょう。特にスロットのゲーム画面は、ほかのどのゲーム画面よりも迫力があり魅力的です。デザイン的にもセンスのいいものがたくさんあり、それらを見るだけでも面白いと思います。

あんたはどのゲームをやるのかですって?私はブラックジャックで小銭稼ぎをします。1日10ドルの稼ぎを30日続け300ドル勝って払い戻すセコイ作戦です(笑)。過去にビデオポーカークラシックがくれた5ドルの無料チップを54ドルまでコツコツ増やし払い戻したこともあります。そのとき自分のお金は一銭も使いませんでした(笑)。しかしそれが原因なのか以後、無料チップをもらえなくなりました(泣)。私の二の舞にならぬようあなたはマネをしないでくださいm(_ _)m


オンラインカジノの還元率


還元率ってなんだ?なにやらむずかしい言葉がでてきたぞ!しかしこれはギャンブルをやる上では非常に重要な数値となります。還元率とは、賭金に対し運営者側が、その賭金から運営の経費や人件費、利益を控除してギャンブルに勝った方に払い戻す金額の割合を指します。つまり還元率が高ければお客さんに払い戻す合計金額が多いので勝つチャンスが高くなります。以下に還元率を計算する公式と、本やオンラインカジノのサイトで調べたおおよその数値をまとめました。

還元率=(賭金-経費・人件費・利益)/賭金×100

公共ギャンブル 75%前後
パチンコ 97%前後
公営宝くじ(日本) 45%〜50%
公営宝くじ(海外階級くじ) 60%〜65%
オンラインカジノ 91%〜102%


パチンコは還元率が高いですが、これは賭けの回数と総金額が莫大なので還元率を上げても収益を得られるからです。賭けの回数と総金額が莫大であれば仮に還元率が99%でも莫大な利益を得ることができます。

しかし、一般的に日本のギャンブルは還元率が低く、宝くじなどは悲惨な数値です。宝くじを1万円分買って5000円の儲けを出すのとオンラインカジノで1万円分のチップを15000円分のチップに増やすのはどちらが簡単だというと、少なくとも私はカジノのほうが簡単です。

インターカジノのペイアウト表を見てもらうと分かりますが、オンラインカジノはゲームによっては還元率が100%を超えることもある世界なので、単に勝つこと考えるのならカジノの方がいいと思います。

宝くじの場合は他力本願で15000円当たらないとダメですが、カジノは自分の力で5000円勝てば済みます。ただ、注意していただきたいのは何も宝くじをバカにしているわけではありません。宝くじを買ってから、当選発表までのワクワク感などが好きで、それを味わうために宝くじを買う方もいます。

以前、宝くじが好きな方に競馬やパチンコなどの方が還元率が高いから、宝くじは止めたほうがイイと言ったら、競馬やパチンコでは当選発表までのワクワク感がない!と批判されました。価値観は人それぞれです。

しかし、このサイトに来てくれた方はカジノが好きな方だと思います。なので宝くじ派に対功するために、私と一緒の世界のオンラインカジノで勝ちましょう(笑)。

といっても、日本ではカジノ(ギャンブル)というと宝くじに参加するよりかはイメージが悪いと思います。しかし、イメージと還元率のどちらが重要かというと冷静に考えたら還元率だと思います。オンラインカジノといっても、ゲームセンターのメダルゲームとほとんど一緒です(笑)。←私はそう思っています(笑)

カジノ(ギャンブル)のイメージが悪いのは、カジノにはイカサマがつきものだという考えから来ているものだと思います。しかしイカサマなどしなくても、最初からカジノが勝ちやすい有利なルールになっています。カジノの還元率を見てもらうと分かりますが、ほとんどのゲームが100%に達していません。

悪評が広がり倒産の危機に追い込まれるリスクを追いイカサマなどをするメリットはカジノには全くなく、逆にデメリットになります。

還元率が100%に達していないということは、カジノは客とディーラー側に対して公平なルールでないということです。そのため、カジノで勝つには、まず客に不利なルールが適用されていることを認識し対策を考える必要があります。詳しくは必勝法についてを参考にして下さい。

エーッ!あなたオンラインカジノを紹介している立場なのにカジノは最初から客に不利なルールになっているなんてそんなこと言っていいの〜?と思うかもしれません(笑)。しかし私はカジノを経営しているわけではないのでカジノの悪い面はズバズバ言います。あなたもカジノに勝ってカジノを痛い目に遭わせましょう(笑)。

そして、ここでは趣旨が違うので詳しく解説はしませんが、本来カジノというのはヨーロッパの王侯貴族の遊びから発展し、現在でもヨーロッパではカジノは大人の社交場的なものです。特にイギリスなどは貴族階級の意識がまだ残っているのか、カジノへの入場はエリート層でないと難しいこともあるようです。

カジノは貴族階級の立派な世界のものですが、それがテクノロジーの発達によりパソコン上でも出来るようになったのはスゴイことだと思います。私はカジノは裏社会的なものだとは少しも思っていません。早く日本でもカジノ解禁しろ!!バカッ!アホッ!マヌケな法律っ!!!と思ってます(笑)。


オンラインカジノの運営などに関する信用性


オンラインカジノは1995年頃に初めてネット上に開設され、それ以降急激に数が増え、現在1800以上ものオンラインカジノが存在するといわれています。このサイトで紹介しているカジノは、全体的に見ればほんのわずかでしかありません。

というのはこれだけの数のカジノがあると中には無許可で運営し払い戻しをしなかったり急にアクセスできなくなるなどの悪質なカジノも存在するので注意が必要なため、何でもかんでも紹介するわけにはいかないからです。

すべてを把握するのは不可能に近いのでこのサイトではサイト訪問者の方に少しでもカジノ選びの参考になればということで各カジノをただ紹介するのではなく、管理人自身が実際に利用し、感想などを混ぜながらカジノを評価する形で紹介していきたいと思います。場合によっては酷評などもありえますが、本当に悪質なカジノはリンク自体しませんので安心下さい。

個人的には、いくつもカジノをハシゴするよりは信頼できる自分のホームカジノを1箇所か2箇所見つけそこに留まり遊んだほうが、場合によりカジノからVIP会員のお誘いが来るかもしれないので、一つのカジノで常連になったほうがいいと思います。

当サイトは運営上、カジノをハシゴする必要があるので、VIP会員のお誘いは永遠に来ないかもしれません...(泣)

また、オンラインカジノはインターネット上のカジノなので絶対に勝てないように裏で仕掛けがあると思うのは当然だと思います。そこで各カジノは厳しい審査を受け必ず運営ライセンスを取得しています。ソフトに関してはカジノ業者とは別のソフトウェア会社が作ったものを利用しているので各ゲームの出目のランダムさは完全に保証されています。

どこの会社のソフトウエアを使っているのかはカジノサイトのトップページにソフトの種類が記載してあるので確認できます。

信頼性が高いと評判があるソフトウェアは、マイクロゲーミング、プレイテック、クリプトロジック、ボスメディアです。不正な操作等ができないように乱数発生プログラムが使われており、カードやスロット、ダイスの出目などが確率的にみて問題ないようです。

しかし、中には勝手にロゴマークを貼ってアソシエーションの加盟を装ったり有名カジノを似せて作った偽物カジノもあるので注意が必要です。以前は有名カジノに似せた偽物カジノのリンクをここに貼っていましたが偽カジノから講義のメールが来ると面倒なので削除しました。ご了承下さい。有名カジノに似せた偽物カジノは検索エンジンでもキーワードにより引っかかることがあるので注意か必要です。

そしてサイト内で第三機関のチェックによる毎月のペイアウト率を公開しているカジノなら安心して遊べます。優良オンラインカジノならサイト内で毎月のペイアウト率を、誰でも簡単に確認することができ、カジノによってペイアウト率は異なりますが、毎月、その月の還元率を発表しているところがほとんどなので、まずはペイアウト率を確認する必要があります。

Caribbean® Online Casinoのペイアウト表

ただ勘違いして欲しくないのは優良カジノだから勝てるというわけではなく、不正さがなくなるだけで客に不利なルールーが適用されていることに変わりはありません。実際に遊べば分かると思いますが、カジノのゲームはかなりジビアなので還元率が高いオンラインカジノといっても絶対勝てるとは限りません。また、客に不利なルールというのは必勝法コーナーを参照してもらえれば分かると思います。

とどまる事を知らずに上昇し続けるプログレッシブスロットマシンの累計金額やラスベガスの豪華絢爛で巨大なホテルやカジノは誰のお金で作られているのかを忘れてはいけないと思います。


まずは無料モードで


オンラインカジノって面白そう。だけど損したらヤダし、お金を賭けるのは気がひける...そういう方は無料モードで遊ぶのがいいと思います。ソフトはタダでダウンロードできるのでパソコン屋さんでカジノゲームのソフトをお金を出して買うよりずっといいです。パソコン屋さんスイマセン(謝)

もう少しオンラインカジノについて知りたい方はつぎのオンラインカジノ遊び方を参考にして下さい。

© 2003-2010 Casino World Express  microgaming kahnawake pwcglobal OnlinePlayersAssociation ECOcard VISA
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO